第45回JC青年の船「とうかい号」出航式が行われました

6/3(日)

東海地区協議会

6月3日(日)、名古屋港ガーデン埠頭において、第45回JC青年の船「とうかい号」の出航式が盛大に行われました。 

「とうかい号」は、公益社団法人日本青年会議所東海地区協議会の主催する事業として、今年で45回目を迎える国内最大級の研修船事業です。洋上における船内研修と異国の地でおこなう寄港地活動によって、これまでに26,000名以上の若者が多くの気づきと一生涯の仲間を手に入れ、下船後も継続的に企業や地域において活躍できる人材となっています。 

本年度の寄港地は台湾となっており、6月3日(日)~6月10日(日)の期間に亘って、船内研修と台湾での寄港地活動が行われます。 

(一社)刈谷青年会議所からは、4名の一般乗船者と、愛知ブロックとうかい号特別委員会に出向している成田稚奈君と三浦正剛君の2名の現役メンバーを輩出しております。

帰航式は6月10日(日)に行われる予定です。是非名古屋港ガーデン埠頭までお出かけください!

PHOTO GALLERY