TEL: 0566-21-1432  FAX: 0566-21-4740                    

事業案内


■2017年11月14日(火)刈谷青年会議所11月例会を開催しました


11月14日、総務広報委員会では、「知っているから、やっているへ」をテーマに11月例会を開催致しました。
現代社会では様々な情報がすぐに手に入るメリットもあるが、情報が多すぎるがゆえに判断に迷い、行動に移る事すら出来ないことがあります。しかし、我々青年経済人は自身で考え前進する必要があります。 本例会では、社会参画ゲームを行う事によりメンバー一人ひとりが自ら行動することの大切さを身につけることができました。



■2017年10月22日(日)刈谷青年会議所10月例会・30歳の成人式を開催しました


10月22日、まちづくり委員会では、「30歳の繋がる想いを見守ろう」をテーマに10月例会を開催致しました。
本例会では、【30歳の成人式 in 刈谷】を通じて、地域に住み関わる青年とともに一つの事業を創り上げる過程を共有し、 まちづくりに対し主体的に行動する市民へと導く重要性を学ぶことができました。



■9月28日~10月1日 全国大会 埼玉中央大会が開催されました


9月28日~10月1日 全国大会 埼玉中央大会がが行われました。
「大会式典」では2017年度の日本青年会議所と各地会員会議所が、共に手を取り、 誰もが夢を描ける日本への回帰に向け運動を展開してきた、その軌跡を振り返ると共に、 全国のメンバーの運動意識の昂揚を図る場を設け、意識変革を与えるべく展開してきた運動を最大限に発信致しました。
卒業式では、2017年度卒業生のJCでの活躍、運動の軌跡を振り返り、 生涯一JAYCEEであることへの誇りを持ち続けていただき、 現役メンバーへのメッセージ、行動から伝わる想いを引き継ぎを行いました。 そして、輝かしい晴れ姿を現役メンバーより称えられ、 2018年度につながる更なる運動への意識を共有出来ました!



■2017年9月20日(水)秋季じゃがいもゴルフ大会を開催しました。


9月20日、今年も秋季じゃがいもゴルフ大会を開催しました。
ゴルフおよび懇親会を通じて、刈谷青年会議所の先輩諸兄との交流を深めることができ、 今後の(一社)刈谷青年会議所の活動をより一層円滑に進めるための一助となりました。



■2017年9月14日(木)9月例会を行いました


9月14日、資質向上委員会では、「想いを胸に、自ら描くゴールまで!」をテーマに9月例会を開催致しました。
本例会では、組織における理念の元、そこに所属する個人がどの様な信条を掲げて活動をしていくのか、という所にスポットを当てました。
講師にはデフバスケットボール日本代表選手 井上 和選手(デフ=聴覚障害者)をお招きし、井上さんの歩んできた人生を振り返りながら、 要所でのご決断をどの様な気持ちでされたのか、そして、現在の日本代表の監督の方針の元、どのような個人の信条を持ちご活躍をされたのかをご講演頂きました。
井上選手がハンデを背負いながら自らが掲げる信条の元、前向きに行動し、日本代表までに上り詰める事が出来た成功体験を聞く事で、私たちも自らの行動へ展開していくきっかけとなりました。



■2017年9月9日(土)愛知ブロック大会が開催されました


9月9日(土)に我らが西三河10JC一枚岩の仲間の(一社)豊田青年会議所主管の元、「みんなでやろまい!つくろまい!!~はじまりの地“豊田”から 愛知が輝くミライへ~を」テーマに愛知ブロック大会が開催されました。
愛知ブロック協議会の運動の最大の発信をする場であり、愛知ブロック協議会の運動に触れることで多くの学びを得て自己の成長に繋げることができました。 また愛知県下の各青年会議所のメンバーと交流することができ、友情を育む事ができました。
そして本年は、西三河9青年会議所の仲間と供に副主管を務めることで、西三河10JCの更なる結束を深めることができ、 愛知三河の更なる発展への一助となることができました。



■2017年8月29日(火)西三河10JC会議が開催されました


8月29日(火)に西三河エリアで開催される西三河10JC2017年度理事長会議及び、第1回西三河理事長候補者会議が刈谷にて開催されました。
これにより西三河10青年会議所が絆を深め、一致団結することが出来ました。 また、新旧合同で開催することで、各青年会議所内の連携や西三河10青年会議所の今後の青年会議所活動に対しての足並みが揃ろいました。



■2017年8月22日(火)8月例会を行いました


8月22日、会員拡大委員会では、「一致団結~本気になって繋がろう!~」をテーマに8月例会を開催致しました。
本例会では、スポーツ雪合戦という競技を体験しました。この競技を通して現役会員と新たな仲間との繋がりを形成し、 一般社団法人刈谷青年会議所が次世代に向けて活動する礎を築くことができました。



■2017年8月11日 東海フォーラム2017に参加しました


8月11日、『東海フォーラム2017』が愛知県名古屋市『愛知県体育館』にて開催されました。
本年度は「誰もが夢を描ける持続可能な東海の実現」に向け、青年会議所会員及び地域の方々が大会を通じて、 それぞれの地域の可能性に気付き、新たな一歩を踏み出すきっかけになりました。
また、(公社)日本青年会議所 東海地区協議会の活動や地域の文化や歴史に触れることにより地域愛を育み、 私たちが暮らす地域の振興する想いを深めることができました。



■2017年7月22~23日 サマーコンファレンス2017に参加しました


7月22~23日、(公社)日本青年会議所によるサマーコンファレンスが開催されました。
本年2017度は『日本を変えるは俺たちだ!!』をテーマに参加者が、日本の未来像と日本JCが2017年度実施してきた 成果に基づきパッケージ化された政策を理解し、自ら行動を起こす主体となることで、日本を変える運動を全国に展開することを目的としています。 本大会では、現役総理大臣や各界の著名人による経営や経済・地域再生に至るまで様々なフォーラムやセミナーが開催されました。



■2017年7月14日(金)7月例会を行いました


7月14日、総務広報委員会では、「日本の憲法について、今考えよう」をテーマに7月例会を開催致しました。
私達の自由や権利を守っている憲法ですが日常で考える機会は少ないです。これからの日本を背負っていく私達が、今後の憲法について考える必要があります。
本例会では、公布70年たった日本国憲法がこれからの時代に即しているのか憲法制定の歴史を学ぶことができ、 そして今後日本国憲法をどのようにするべきか、それぞれ考えることができました。



■2017年7月1日~2日 4JCゴルフ・サッカー大会を行いました


7月1日~2日、(一社)伊賀青年会議所主管のもと、三重県の伊賀の地において4JCゴルフ・サッカー大会が開催されました。
各地域の青年会議所の方々とゴルフやサッカーを通じて交流をはかることができ、 4LOMの更なる友好を深めることができました。



■2017年6月17日(土)6月例会を行いました


6月17日、青少年育成委員会では、「MOTTAINAIから学ぶ日本人のこころ」をテーマに6月例会を開催致しました。
本例会では、メンバーひとり一人が、子供たちとの体験的活動を通して、「もったいない」の心が環境問題や食糧問題に 繋がっていることを学びました。その中で大人の率先した行動が子供の意識を変えることを感じることができました。



■2017年5月17日(水)春季じゃがいもゴルフ大会を開催しました。


5月17日、今年も春季じゃがいもゴルフ大会を開催しました。
ゴルフおよび懇親会を通じて、刈谷青年会議所の先輩諸兄との交流を深めることができ、 今後の(一社)刈谷青年会議所の活動をより一層円滑に進めるための一助となりました。



■2017年5月15日(月)5月例会を行いました


5月15日、まちづくり委員会では、「温故知新と地域発見からまちづくりを考えよう」をテーマに5月例会を開催致しました。
本例会では、「まちづくりと市民参加」について振り返りながらコミュニティー事業の問題点を整理し、 市民の「繋がり」へ発展する地域のアイデンティティとは何かを勉強し、まちづくりの為に欠かせない 知識を学びました。
また講師にNPOまちづくりサポーターFUJI理事長 川口宗敏氏をお招きし、専門的な観点からコミュニティーをつくるという 漠然とした課題を楽しめるよう新たな視点を勉強させていただきました。



■2017年4月11日(火)3Cゴルフ大会を開催しました。


4月12日、今年も「広げよう!地域の輪」をテーマに3Cゴルフ大会を開催しました。
ゴルフおよび懇親会を通じて、ロータリークラブ・ライオンズクラブの先輩諸兄との交流を深めることができ、 今後の(一社)刈谷青年会議所の活動をより一層円滑に進めるための一助となりました。



■2017年4月11日(火)4月例会を行いました


4月11日、資質向上委員会では、「理念で判断、理念で決断」をテーマに4月例会を行いました
本例会では、 講師には理念経営協会 理事長の窪田 貞三氏をお招きし、専門的な観点から理念の定義や組織にとっての理念の重要性についてご講演を頂きました。 講演最後には落とし込み作業として理念に対して「氣づき会」と銘打ってJCメンバーにてグループディスカッションを行いました。 理念の重要性や定義に触れる事ができ、今後の青年会議所活動をより能動的に推し進める為の知識を学ぶことができました。



■2017年4月8日(土)会員交流事業を行いました


4月8日、渉外交流委員会がJCメンバーとその家族の交流の輪が広がるよう、「おもてなしのこころでツナグ交流の輪」をテーマに会員交流事業をを行いました。
本事業では、マルハリゾートにて地引網体験、砂浜でサンドアート体験、バーベキューを実施いたしました。常日頃、私たちを支えて頂いている家族におもてなしの心で接し、 家族同士の交流、メンバー同士の友情を深めることができました。



■2017年3月14日(火)3月例会を行いました


3月14日、会員拡大委員会が「魅力の輪を広げよう」をテーマに3月例会を行いました。
本例会では、マナー講師として幅広く活躍されている清水絵津子講師をお迎えして講演を行っていただきました。 青年経済人としての正しい身なりや、所作を学ぶことができました。知っていたけど出来てなかったことがたくさんあり、 改めてマナーの重要さを勉強できました。



■2017年2月14日(火)2月例会を行いました


2月14日、青少年育成委員会が「伝えよう、日本人のこころ」をテーマに2月例会を行いました。
守るべき伝統や文化を引き継ぐことも大事な「未来づくり」のひとつです。グローバル化が進むからこそ、 未来をになう子供たちに、日本人のこころと文化を、受け継ぐことが重要だと考えます。
講師には「小伴天はなれ 日本料理 一灯」店主の長田 勇久氏をお招きし、自然を尊重する心の下発展してきた 「和食」についてご講演と料理実演をしていただきました。
本例会で、メンバー一人ひとりが日本文化の魅力を再認識していただくとともに、私たちに日本人のこころを伝えていただきました。



■2017年2月10日(金)名古屋会議が行われました


名古屋市公会堂において、名古屋会議が開催されました。 名古屋会議では青年会議所が発信するスローガンを地域市民の方々に理解いただき、 愛知の未来を形成していく意識を共有していただきました。
そして会員に対しては愛知ブロック協議会のスタートの場として2017年度会長所信及び基本方針や 重点事業を理解していただくと共に、県内青年会議所メンバーの本年度に向けた意識を高揚させ、 愛知ブロック協議会全体の結束力を高めることができました。



■2017年1月20日(金)~22日(日) 京都会議が行われました


公益社団法人日本青年会議所の『京都会議』が開催されました。 本年度の京都会議のテーマは『日本道』です。 京都会議が開催されている今年の国立京都国際会館のエントランスホールは NHK「龍馬伝」の題字を手がけられた書家として世界的に有名な紫舟さんの『日本道』の作品が掲げられていたり、 サイバーエージェントさんの「FRESH!」とのコラボ企画などで、大変賑やかになっていました。
『新年式典』では第27代会頭 麻生太郎先輩を始めとする歴代会頭の皆さまが、お越しの中 公益社団法人日本青年会議所 会頭 青木照護君が所信表明し、本年度の京都会議のテーマでもある 世のため、人のためが自分のため。目先の利益よりも、未来への投資を重んじる生き方、 それこそが全ての日本人が目指すべき日本の道、『日本道』であるとの強い考えのもと、 未来の子どもたちに投資をしていく教育再生、未来を見据えひと・もの・技術に投資を行う経済再生などの重点事項を演説し、 一期一会の覚悟を持って進むことの必要性を力強く全国の同士に熱い思いを発信しました。



■2017年1月 1月例会・定時総会を行いました


1月定時総会では2016年度補正予算(案)、事業報告(案)、収支決算(案)承認の件、そして2017年度修正予算(案)承認の件、全ての案件が滞りなく承認されました。この定時総会を持ちまして2016年度が終わり、2017年度のスタートとなります。
また、2017年度(一社)刈谷青年会議所の出発にあたり、1月例会を「想いを1つに走り出そう!」をテーマに開催しました。浅山理事長より年頭のご挨拶にて、2017年度(一社)刈谷青年会議所の方向性を示して頂き、各委員会が1年の意気込みを発表し、委員会の団結を深めました。また、(一社)刈谷青年会議所を代表して出向されるメンバーの紹介及び激励を行いました。例会を通してメンバー全員が想いを共有し(一社)刈谷青年会議所として素晴らしいスタートを切ることができました。